Owls ① 2ESL(小学生クラス:”English as a Second Language”の略)とサークルタイム(未就学児クラス)は、リスニング(聞く)とスピーキング(話す)、そしてコミュニケーション(相手に伝える)に特化した、「習うより慣れよう!」をねらいとする授業です。レッスンでは毎回新しい単語がいくつか登場し、子ども達はその単語を耳で拾いながら、クラスメイトとの様々なアクティビティを通して実際に声に出して発話することで、着実に語彙力を身に付けていきます。楽しくレッスンに参加する中で、ネイティブスピーカーの先生から自然な英語表現や正しい文法を学び、何度も繰り返し聞いて発話することで会話力をどんどん伸ばすことができます。

Eagles ① 2また、ネイティブスピーカーの先生とのレッスンでは、まず職業や場所など幅広いトピックスを題材に取り上げ、みんなでそれらについて話し合った後、多種多様なゲームやアクティビティを展開していきます。このように説明から応用へとプロセスを踏まえて指導を行うことで、子ども達はレッスン内容をより深く理解し、学んだことをしっかりと自分のものにしていきます。

小学生クラスのレッスンでは、ペアや数人のグループになって子ども達同士で意見交換を行うことを重視しています。先生の話を聞いて質問に答えるだけでなく、子ども達が自分の「ことば」で話す時間を多く取り入れています。

未就学児クラスでは、先生のお手本の後にみんなで声を合わせて復唱をCircle time with Melinda 2 - L行い、正しい英語の発音練習に取り組んでいます。また、誰もが知っている英語の楽曲やダンスを取り入れ、歌ったり身体を動かしながら楽しくレッスンを進めています。

広告